2007年03月17日

本家が遅いのか?

いよいよ今年もF1が開幕。
アルバート・パークでは金曜日のフリー走行が始まった。
中島ジュニアがえらく威勢の良いデビューを飾ってくれてうれしい限り。
父親の若い時から知っているオールドファンとしては本当に嬉しいぞ。

そして琢磨選手、カスタマー・シャシーの問題はまだ行く先が見えないけれど今日はなかなか早さを見せてくれてこちらも嬉しいかぎり。
もっとも今日もデヴィッドソン君に遅れを取っていたけれど、このシャシーはもともとデヴィッドソンが去年さんざん乗り回した物だから慣れていて当たり前かも。
冬のテストでも琢磨選手よりも速かったし。

しかし気がかりはホンダの遅さ。
テストのあまりの不甲斐なさに友人とひょっとしたらアグリにも負けるかもと話していたらこの通り。
もっとも今日は初日だからこんなものと言えるかもしれない。
でももう一つ気がかりはバトンのモチベーションの低さ。
開幕からもう白旗を掲げているようではいかん。
バリチェロもミスするし。
この二人はどうにかした方が良いと思うのだけどね。
特にバリの方、若くて活きの良い若手にスイッチして欲しいなあ。

明日は予選だけどトヨタも含めて日本のワークスに元気が足りない。
トヨタは根本的にレースへの取り組みが間違っているとしか思えないのだが。
なんだか市販の乗用車と同じような個性しか感じられないし。
切れ味が無いんだよなあ。

本家ホンダも往年のカッ飛びぶりは見えないし。
元気を振り絞って必死に望んでもらいたい。
posted by Doglover Fat at 02:16| Comment(0) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月08日

秘密の花園?

先月末の事、スカパーの音楽チャンネルを見ていて耳に飛び込んで来た音に思わず引き込まれた。
「Secret Garden」というユニットのアルバムからの曲が流れていた。
静かな深い深いその音の世界はピタッと心に寄り添いとても心地よいものだった。

早速アマゾンで2枚のアルバムを注文して聞いている所。
アイルランドの女性バイオリニストもメンバーに入っているせいか耳に馴染んだ名前のミュージシャンも多数参加していて何とも懐かしい感じがする。

でもなんて優しい音楽なんだろう、不思議なそのテンポ感がとても嬉しい。
残りのアルバムを買おうかITMSでダウンロードしようか迷っている。
ダウンロードが値段も安いのでいいけれど、音質が今ひとつ。
やはり買ってしまった方が良さそうだ。
しかしCDを買いすぎて置き場所にも困るほどになってきた。
棚もいっぱい、机の上にも積み上がっているし。
きちんと整理をしなければ。

2ndAlbumの「White Stone」に入っている「Hymn to Hope」が素晴らしい。
そう言えばまだ買ってはいないがあの「You Raise Me Up」も演奏しているらしい。
それからスカパーでやっていた「Prayer」も素敵だ。

北欧やケルトの血が流れている音楽には何だか引きつけられる。
何故だかは解らないのだが懐かしい。
posted by Doglover Fat at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。