2007年10月10日

何気なく

先日ほんのついでにHMVを覗いていた。
嫁さんと買い物に行ったショッピングモールにHMVも入っていて何気なく見ていたのだった。
初めて行ったそのモールのHMVは他の店に比べれば規模も小さいのだけれどゆったりとした作りでCDやDVDはとても探しやすかった。

今日は何か拾い物でも無いものかと見ていると「Karl Jenkins」の「Requiem」というCDが目に留まった。
「Karl Jenkins」と言えば「アディエマス」の仕掛人として有名、そのずっと前はプログレッシヴ・ロックの名バンド「ソフト・マシーン」の中心人物として有名だった。
今年に入ってから「アディエマス」のアルバムを何枚かダウンロードして楽しんでいたので何となく買ってみたのだった。
しかし「Requiem」である、死者のためのミサ曲なのである。
しかも帯には「日本の俳句にインスパイアされて」とか書いてある。
いったい何でレクイエムなのか、それも彼がとも思いつつ聴いてみるとあまりの見事な音楽に圧倒されてしまった。

内容からいえばこれはまさにクラシック音楽そのもの、そして驚くことに通常のレクイエムの進行の中に挟まれて日本語の歌詞の曲が存在するのだ。
それも俳句をそのまま歌っている、これが恐ろしい程に美しい。
中には俳句とミサ典礼文とが繋がっている曲までもある。

「Enya」の「Amarantine」の中の1曲「Sumiregusa」も日本語の歌詞、こちらも俳句にインスパイアされた曲でこれもまた美しい。
しかし注意して聞かないと日本語と気づかない「Sumiregusa」と違ってこちらの日本語はすぐにアっと気づく見事な日本語なのだ。


今まで書かなかったけれど私はクラシックも好きだ。
ただクラシックの場合、曲と演奏者との微妙な関係性から曲が好きだけど演奏が。
またその逆の場合も存在してなかなかこれといったCDに出会うことは少ない。
でもこのレクイエムは作曲者自身の演奏、作曲と演奏の見事なバランスで聴くものを魅了する。
いやまったく見事な「拾い物」であった。
これだからCDショップ通いは止められない。


posted by Doglover Fat at 02:51| Comment(0) | TrackBack(1) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月01日

帰ってきた

ブログという物を始めたのが2年と少し前。
その頃いつも訪れていたブログがあって、その作者の女性の生き様にすっかり魅了されていたのだった。
ところが様々な要因が重なって彼女は仕事を変え、そしてブログもほとんど閉鎖状態になってしまった。
ただ一つ、引っ越しますとの記事だけがそこに残されていたのだが、ブログの引っ越し先も解らずただその一つの記事だけがぽつんとあったのだ。

ほんの時折、思い出してそのブログを見るのだがやはりそこにあるのは「引っ越します」という記事だけ。
その状態が2年近く続いていたのだった。

ところがさっき思い出し、そのブログへ行ってみれば以前のような華やかさは無いものの再び更新が始まっていたのだ。
色々とあったその間の生活や細々とした出来事については書かれてはいない。
でも今現在の彼女の思いが本当に素直に書かれていて、読んでいて心が落ち着いていくのを感じていた。
お帰りなさい、とコメントでも書こうかとも思ったのだが。
以前からただ読むだけだったからそれも変だなと思いコメントはとどまった。

自身の体の事もさらりと書かれていて、彼女はとっても体が弱かったのだ。
そして家庭にも様々な問題を抱えていて、読んでいていたたまれなくなる程の切迫感が溢れていたブログだった。
それが今は落ち着いて、淡々と自分の心を自然に書いている。

あんなスタンスで私もブログを書きたいと、心底思い始めた。
このブログも更新が途絶えながら、細々と続いている状態。
もともとは裏ブログとして始めたのだけれど、裏ではなく自分の本当の思うところを何のてらいも無く書けたらどんなに素晴らしいだろう。
posted by Doglover Fat at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。