2008年06月23日

不在の重さ

F1フランスGPも終わりひたすら自滅し続けるマクラーレンの姿が目についた。
それにしてもペナルティだらけ、ドライバーがこれだけペナルティを受けてしまったらレースにはならない。
恐ろしく高価な授業料を払い続けているのにも関わらず一向に治らないのは資質のせいなのだろうか。

しかしレースの中継を見ていても物足りなさばかり感じてしまう。
ヨーロッパのコースを疾走するマシンの姿は確かに見ていて美しい。
恐ろしいほどに素早くコーナーを駆け抜けるマシンも美しい。
そして駆け引き、読み合い、ピット作業。
すべてが組み合わさってレースが出来ていて、それは今でも見ていて素晴らしいし引き込まれもする。
ただ、しかし、思いを託せるチームが居ない。
ここ3年はスーパー・アグリという偉大なるテールエンダーが居て、その遅さにも関わらずチームの意識とモチベーションが全面に感じられて共感できたのだ。
もちろんそこには佐藤琢磨というドライバーの存在は欠かせなかった。
チームと琢磨選手とが醸し出す独特の躍動感が多くの人の心を惹き付けたはずだ。
「見ていろ!今はこうだがこの次は!」という気持ちが走りに出ていた。
そして滅多に映らないテレビ画面の中にその姿を探し続けていたのだ。

そのチームがスペインを最後に消滅。
何かとても大切な物が無くなってしまったテレビ画面、美しいけれども体温が希薄にしか感じられないレース。
アグリの不在がこんなにも心を重くするとは。
F1というレースそのものの存在意義を感じさせられる。
このままで果たしていいのだろうかと。

今日のレースのホンダの不甲斐なさと言ったら目も当てられないものだった。
自分のところでさえまともに走らせる事が出来ないのに、もう1チームの援助なんてどだい無理な話だった。
ブラウンが来て本当に良かったのか?
フライは一体何をしているんだか。
全然戦う姿勢が見えないではないか。
posted by Doglover Fat at 03:15| Comment(0) | TrackBack(1) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

F1フランスGP
Excerpt: 間抜けなスーツ・・・ ・・・んでしょうか?見てた方、教えて下さい。フランスGPだ...
Weblog: じんの日記
Tracked: 2008-06-23 17:36
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。