2006年01月09日

天使と小悪魔

Kate Bushのデビューアルバムの原題は「The Kick Inside」なのだけど「天使と小悪魔」なんて邦題を付けてしまったのは一体誰なのか?顔を見てみたいもの。
それにジャケットの写真も差し替えられていた、似ても似つかないアルバムと化していたデビュー作だけど内容は文句無しの超特級品。
今聴いてもまるで古さを感じさせない音、未だにテレビ番組のテーマとして使われているくらいだ。

去年の末に買ったニューアルバムだけどなかなか時間が無くてしっかりとは聴けていない。
今も聴きながらの書き込みだけど2枚組はやはり長いな。
でも聞こえて来るのは紛れも無いケイトの音楽、凄い才能だ。
静かだけれど内に秘めた物は熱いなあ。引き込まれてしまう。
不思議な世界観はそのままのようだ、年月を経ても才能は色褪せない。
一度お目に掛かってみたいものだ、どんな女性なんだろう?

昔々、某予備校に通っていた頃にちょうどケイト・ブッシュのデビューアルバムが発表されて毎日のように聴いていたのだが。
その予備校のクラスに長身でロングヘアーの女の子が一人居たのだ、いつも友達と二人で歩いていたその子がなんとも不思議なムードを持っていて。
まるでこの世界から半分浮き上がっているような浮遊感を持っていた女の子だった。
ふわっと現れてふわっと去って行く、存在感は強烈なのに向こうが透けて見えるみたい。
その子がケイト・ブッシュのイメージとダブってしまって、今でもケイトの声を聴く度にその子を思い出す。
顔は忘れ去ってしまったけれどその存在感と雰囲気を強烈に思い出すのだ。
真夏の暑い日に初めてその子を見た時の鮮烈なイメージを。
posted by Doglover Fat at 01:36| Comment(0) | TrackBack(1) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11479100
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

Kate Bush
Excerpt: Kate Bush 写真は「The Sensual World」 Kate Bush(ケイト・ブッシュ)は1958年英国ケント州に生まれました。ピンク・フロイドのデイヴ・ギルモアに才能を見出され、77..
Weblog: 今日のアルバム
Tracked: 2006-04-12 05:41
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。