2006年03月12日

速さと脆さ

今年もマクラーレン、いやライコネンはバカっ速い。
でも同じように今年もマシンがそのもろさを露呈してしまうのか?

今日の予選最初のセッションでいきなりサスが砕けたライコネンの姿がどうしても去年の姿にカブって見えてしまう。
速いけれど勝てない、今年もまたそんな姿を何度も見る事になるんだろうか?
攻めに攻めた車作り、実に個性的で速そうなフォルムの車。
リアセクションの美しさは見事と言う他は無いが今日はそこが足を引っ張る事に。
ノーズの細さとフロントウィングの造形も美しい。
やってくれるなあと思うのだけれどマシンは強く無いとその美しさも輝きを失う。
とにかくエンジンも含めた信頼性の確保が最優先事項、ロン・デニスの奮闘を期待したい。

今年のような予選の方法だと遅い車に引っかかる事で結果が大きく変ってしまう。
今日もアグリのマシンに阻まれて1次予選で敗退したドライバーも何人か。
とても面白い予選だったけどあのエキサイティングな1次2次予選の興奮が最終セッションで醒めてしまうのが残念。
燃料規定のせいで周回数を稼ぐ為の周回が多いかな。
ガチガチのバトルを期待すると裏切られる感じになってしまった。
最後の最後で空タンクでニュータイアのマシンが突っ走る所を見たいなあ。

決勝はフェラーリ対ホンダになるんだろうか。
ホンダはロングディスタンスになると遅いのは去年から、今年はきちんとレースでも速さを維持出来るのかな?
フェラーリもマシンの信頼性に疑問が有るし。
ライコネンが最後尾からどこまで追い上げるかも面白そうな所。
でも本当の主役は砂漠の砂かもしれない。
今日もラインをはずれると途端に砂煙が上がっていて危ないったら。
遠くでは砂嵐もおこっていたようだし明日のお天気がどうなるのかも大きな要素かも。

とにかく今年の開幕戦、面白いレースにしてほしいものだ。
posted by Doglover Fat at 00:42| Comment(1) | TrackBack(1) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
開幕前のテストでもホンダは今年もロングランペースはあまり良くないみたいですね。ただし開幕前テストでバーレーンは走りこんでいるのでどのような戦略で挑んでくるかは楽しみです。
Posted by みゅーきー at 2006年03月12日 09:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14662258
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

2006年F1バーレーンGP予選結果
Excerpt: 予選結果はこちら 初めて導入されたノックダウン方式でしたが駆け引きが難しい予選方式になりました。 まず中古タイヤと新品タイヤのタイム差(新品が1.5~2.0秒ぐらい速い)なので最終予選進出が確実な..
Weblog: あさか野通信
Tracked: 2006-03-12 10:04
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。