2006年06月12日

何という強さ!

イギリスGP、アロンソの強さばかりが目立ったレース。
とにかくポールから完璧なスタートを決めて後は驚異的なペースでラップをきざんで勝つ、一昔前のシューマッハ・フェラーリが君臨していた頃にそっくりな勝ち方。
とにかく早く、めちゃくちゃに強い。
ここまでやられては他のドライバーはなす術が無くても仕方がないな。

今日のレースそのものは目立ったバトルも無く平穏に終わってしまった、もっともスタート直後もクラッシュはあったけれどあとはピットのこなし方で順位が入れ替わるだけ。
平々凡々に周回を重ねてチェッカーを受けておしまい、そんなレースに思えてしまう程にアロンソのレースだった。
しかしいくらシルバーストーンだからと言ってここまでバトルが無いと退屈は退屈。
空力サーキットはやはり抜けない。
かといってモナコやイモラみたいな接近戦にもならないし、惜しいなあ。
でも第1セクターの高速S字区間を駆け抜けていくマシンは圧倒的に美しい。
それと第1コーナーの飛び込みの鋭さ。
世界に名だたるコースなんだと納得できる。
例年開催を巡ってはすったもんだ有って気を揉む事も多いがやはりここは捨てがたい魅力があるんだよな。
いくら設備が古くて安全性に問題があっても、あの高速区間はそのままにしておいて欲しい。
F1マシンがF1マシンらしくコーナーをびしっと抜けていく姿はそのままファンに残しておいてもらいたいものだ。

それと書くのにも飽きてきたがホンダの不調ぶりは相変わらず。
シャシーも何もかも抱え込んで大変なのは解るが前身のBARというチームの持っていた問題点もそのまま抱えている。
このままのチーム体制ではこれから浮上すえうなんてとても無理だろう。
ホンダは第3期のパートナーとして当時のBARを選んだけれどこれがまあ間違いの始まり。
ビジネスの相手として非常に明快で判りやすい手法を持っていたから組んだらしい。
でもレースの世界って一歩裏に回れば魑魅魍魎の闊歩する世界だ。
ビジネスの相手として組みやすいチームなんてハッキリ言ってレースの目的が違う所に有る。
おまけにチーム内のマネージメントもろくに出来なかったのに、これは未だに引きずっているようだ。
とにかくレースをやる為だけに、そこで勝つためだけに動けるチーム体制を一刻も早く作らないとだめだ。
痛みも伴うだろうし下手をすれば崩壊にも瀕するだろう、でも今のままではいつまで経っても今のまま。
頼むよホンダさん、宗一郎さんが泣いているに違いない。
posted by Doglover Fat at 03:22| Comment(0) | TrackBack(1) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

2006F1第8戦 イギリスGP決勝/シルバーストーン
Excerpt: 第8戦イギリスGPのお話です。
Weblog: はびのすブログ 〜ブサイクな日々〜
Tracked: 2006-06-12 19:22
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。