2006年06月13日

厳しい

負けた、厳しいな世界は。
そう実感させられた試合。
オーストラリアの頑固一徹なくさびへのロングボール作戦に根負け。
4年前のアイルランドを思い出す、あの時も長身のフォワードの頭目掛けてボールを入れ続けついにはスペインの守備からPKをもぎ取ったのだった。
今日も後半はそれだけに終止した頑固さ、戦術の徹底の見事さに負けたのだろう。
でも立て続けの3失点はこたえる。
次はクロアチア、もっと厳しい相手だ。
とにかく勝つ、それしかないぞ。

中村俊輔は得点したけれどその後の様子が変に感じた。
最初のタックルで足首を押さえていたがその後も何度も何度も狙われていたみたい。
足が何でもないと良いのだけど。

悔しいけれどオーストラリアの得点は美しかった。
見事なミドルシュート、こんな点を取れるフォワードが欲しいよなあ。
今日日本のフォワードはいったいシュートを何本打ったんだろう。
枠に行ったシュートって有ったっけ?
これじゃあ勝てない、当たり前の話だ。
今日は完敗、川口がファインセーブを連発していなければ5・6点は取られていたかもしれない。
日本で印象に残ったプレーがゴールキーパーのセーブというのではいけません。
次は攻撃陣に奮起を!
posted by Doglover Fat at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | プロスポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。