2006年06月19日

川口・カワグチ!!!

引き分けです、やはりというか一点も取れずに終わった攻撃陣。
スタボロにされた左サイドからの攻撃を最後で踏んばり一人で受け止めた川口。
PKも何のその、左手一本で日本を救った川口の左手には神が宿っていたに違いない。
第1戦では3点取られてはいるけれど、その何倍ものシュートを全身で止めた彼こそ今大会屈指のゴールキーパーだ。
今日だっていったい何本止めたんだろう。
次のブラジル戦も同じように奇跡のセーブを連発してくれるだろうか。

後半は両方とも消耗して決め手に欠けた試合。
何とか双方ともリーグ突破に望みを繋いだけれど最後の方は見ていて気の毒になる程のバテバテのプレー。
足は止まりパスも繋がらず、キックの精度なんてまるで無くなり。
死力は尽くしたけれど体は動かず。
ご苦労さまでしたとしか掛けられる言葉が無い。

何とも微妙な結果になってしまった。
勝ち点は取ったけれど、これではねえ。
これから果たしてドイツで奇跡は起こるのか。
僅かな望みだけれど信じてみよう。
posted by Doglover Fat at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | プロスポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。