2006年08月07日

雨のいたずら

いつもは退屈極まりないレースのなるハンガリー、でも今年はペナルティあり雨ありでもの凄い面白さ。
まずはホンダとバトンにおめでとう!
表彰式で流れた君が代は本当に感慨深いものだった。
長年F1を見てきたけれど表彰式で君が代を聞いたのはこれが最初だった。
第1期で勝った時には流れていたのか?
何しろ60年代は中継なんて無かったし全く知りようが無かった。
第2期ホンダの黄金期はエンジン供給だけだったから君が代が流れるはずもなく。
だから今日が君が代初体験、いいもんだな。

アロンソとシューマッハの醜い様相を呈してきたタイトル争いも雨が奇麗に流してしまって、なんだかとっても後味の良いレースになった。
雨のレースもたまには良いものだ。

今年はスパのレースが無くて寂しい思いがしていたのだけど、今日の雨でハンガロリンクがスパ・フランコルシャンに思えて。
スパ・ウェザーがハンガリーに来てくれたみたいだ。
こういうレースも無いとねえ、面白くないよね。
posted by Doglover Fat at 01:31| Comment(1) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ホンダ優勝よかったですね。
そうですね、F1で君が代、わたしも始めて聞きました♪

ホンダのエンジン+ホンダのシャシーでつかんだ優勝ですので価値がありますね。

次はジェット機でも世界を席巻してくれると思います!
http://papajet.livedoor.biz/archives/50227215.html
Posted by パパジェット at 2006年08月07日 03:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。