2006年08月09日

KANON

先ほどまでエンジェル・ハートを見ていた。
話しとしてはだいぶ後ろ向きの物語なのだけど、でも大人がゆっくりと見られるアニメだ。
ガツガツしたところが無くて、昔のシティハンターの頃のようなドタバタしたところも無い。
毎週火曜日はこれを見ないと眠れないのだ。
ただ残念なのはエンディングが変わってしまいKANONの歌声が聞けなくなってしまったことだ。

昨日の仕事帰りに実はCDショップでKANONNのCDを買ってきたのだ。
「Destiny」という6曲入りのミニアルバム。
でも「My Destiny」が入っていたのでこれを迷わずに買ってきた。
さっそくiPodに取り込んで今日は仕事の行き帰りにずっと聞いていた。
静かで深くて、しかし見事なアレンジで一つの世界を作り上げている。
何と言う声なのか、繊細な美しい声。
聞いているとその声の中に引き込まれてしまうような錯覚をおぼえる。
その独特の世界にそっと入り込む、なんと平穏で暖かい世界なのか。
祈りに満ちて、でも何かを切望していて。
しばらくはこの声から離れられそうもない。
次はアルバムを買わなければ。

昨日はスカパーでエンジェル・ハートの再放送を見た。
冴羽が槇村と出会いシティハンターとなる頃の話を子供の姿のシャンインが見ているという話だった。
微妙にシティハンターとは話が違っているところがミソなのだが、はじめの頃のシティハンターを思い出させてくれた。
ちなみにこのパソコンには冴羽の名前の字が入っていない。
リョウとしか書けないのがちょいと寂しいが。
そういえばそのサエバリョウという名前だが昨日見た再放送では香が選んだ事になっていたな。
あくまでシャンインの夢の話だからいいか。
posted by Doglover Fat at 02:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。