2006年08月23日

エンドレス

アマゾンに注文していた「Kanon」のCD2枚が届いた。
「Alleluia」と「Hymn of Grace」の2枚だ。
「Primary Flowers」と「Destiny」と合わせて4枚。
iPodには当然取り込んで、仕事の行き帰りにも家でもずっと聴いている。

この声が聴こえているだけでとても心が落ち着く、人によっては魅力を感じないかもしれない。
でも私にとっては、この声は将に天使の声だ。
何事があっても不思議と落ち着く、たとえそれが一番触れられては欲しくないことであってもこの声さえあれば。

アルバム2枚とミニアルバム2枚という組み合わせ、でもこれでもKanonの全曲を揃えた訳ではない。
シングルだけに収録された曲もあるのでそれも買わないと。

この声に巡り会えたのも「エンジェル・ハート」のおかげか。
今日もこれから放送があるはず、ちゃんと見ないと。
あと少しで放送も終了するらしいのだが本当だろうか。
このアニメに出会ってから新宿という街を眺める目が変わったように思う。
昔「シティ・ハンター」を見ていた頃は感じなかった事だけど。
今の仕事場に来てから新宿を通ることが多くなったからかもしれないが、この歳になって新宿をちゃんと知ることが出来たようにも思える。
若い時は新宿をいう街が嫌いだった、学生時代は渋谷ばかりで遊んでいた。
デートも渋谷だったし酒を飲むのも渋谷だった。
今はすっかり渋谷も変わってしまって面影は無くなってしまったけれど、こじんまりして落ち着いた街だった。
その頃の新宿は汚くて増殖を繰り返すアメーバのように広がっていく街だった。
新宿に思い出が無い訳では無いけれど、なんだかとても少ないのだ。

嫁さんが「Kanon」の声を聞いて「倉木麻衣」が好きだったの?と聞いてきた。
ちょっとそれはあんまりだろうと言い返したのだけど、いったいどういう耳をしているんだ?
posted by Doglover Fat at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。