2012年03月12日

この日に

震災からちょうど一年が経ちました。
あの日のことはここには詳しく書いてないけれど、とても簡単に忘れる事など出来ない。

夜は仕事先の都市の避難所で過ごした。
決して丈夫な建物では無かったその施設で絶え間ない余震に震えつつ、夜の寒さにも震えつつ夜を明かした。
仕事仲間が一緒に居たのは本当に助かった。
それだけでも気持ちの持ちようが違ったし。

翌日は朝早くから帰宅を開始したが苦労の連続であった。
液状化した町並みも目撃した。
信号機の消えた交差点で意を決して右折してみたり。

途中で休憩したファミレスがなんと天国に思えたことか。
そこだけ日常のままだった。
今までの非現実感が遠のいて通常の世界に戻ってきたのだと実感出来た時の嬉しさ。

色々な事が起き、様々な感情に振り回されたあの日から一年。
静かに祈りながら今日は眠りにつこう。
posted by Doglover Fat at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。