2006年10月24日

それぞれの終わり

ブラジルGP、目標を持ったそれぞれが皆それを果たした希有なグランプリ。
アロンソはきちんと2位でフィニッシュしてチャンピオンに輝く。
マッサは母国で優勝してセナ以来の歓喜に包まれる。
バトンはトラブルから立ち直り3位で表彰台に上がった。
琢磨は10位でフィニッシュ、途中のラップは見事な早さでこのチームが本物である事を証明した。

そしてシューマッハ、優勝はしたかっただろうがそれ以上に彼らしい走りを存分に世界中に知らしめての引退である。
もしパンクが無ければあのままアロンソを攻め落としマッサを蹴散らして優勝していただろう。
でもそれではマッサの地元優勝もなくなるし、アロンソがそのまま順位をキープしていればチャンピオンにもなれないし。
鈴鹿でレースの神様はもうこういうシーズンの結末を決めていたのに違いない。
八方丸く収めるにはこれしかないだろうと。
だから予選で燃料ポンプを止めて、そして決勝ではパンクさせて。
最後尾からのオーバーテイクショーというこれ以上ない見せ場を存分に作りつつシューマッハをレースから去らせたに違いない。

今年のシーズンの終盤は本当に面白かった。
1戦ごとのドラマの何と面白いことか。
モンツァ、上海、鈴鹿、そしてインテルラゴス。
グラジルの決勝は録画をしておいて後でゆっくり見るつもりだった。
でも結局生放送を見てしまい今日はひどい寝不足に。
でもこれだけのフィナーレを生で見る事ができて本当に満足だ。
来年のシーズンもこんなに盛り上がってほしいものだ。
posted by Doglover Fat at 01:58| Comment(0) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。