2007年03月17日

本家が遅いのか?

いよいよ今年もF1が開幕。
アルバート・パークでは金曜日のフリー走行が始まった。
中島ジュニアがえらく威勢の良いデビューを飾ってくれてうれしい限り。
父親の若い時から知っているオールドファンとしては本当に嬉しいぞ。

そして琢磨選手、カスタマー・シャシーの問題はまだ行く先が見えないけれど今日はなかなか早さを見せてくれてこちらも嬉しいかぎり。
もっとも今日もデヴィッドソン君に遅れを取っていたけれど、このシャシーはもともとデヴィッドソンが去年さんざん乗り回した物だから慣れていて当たり前かも。
冬のテストでも琢磨選手よりも速かったし。

しかし気がかりはホンダの遅さ。
テストのあまりの不甲斐なさに友人とひょっとしたらアグリにも負けるかもと話していたらこの通り。
もっとも今日は初日だからこんなものと言えるかもしれない。
でももう一つ気がかりはバトンのモチベーションの低さ。
開幕からもう白旗を掲げているようではいかん。
バリチェロもミスするし。
この二人はどうにかした方が良いと思うのだけどね。
特にバリの方、若くて活きの良い若手にスイッチして欲しいなあ。

明日は予選だけどトヨタも含めて日本のワークスに元気が足りない。
トヨタは根本的にレースへの取り組みが間違っているとしか思えないのだが。
なんだか市販の乗用車と同じような個性しか感じられないし。
切れ味が無いんだよなあ。

本家ホンダも往年のカッ飛びぶりは見えないし。
元気を振り絞って必死に望んでもらいたい。
posted by Doglover Fat at 02:16| Comment(0) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。