2007年09月08日

復活

だいぶ先の話になるけれど、2009年からF1日本GPが鈴鹿とFujiでの隔年開催になるそうだ。
FujiでのF1も楽しみではあるけれど、やはり鈴鹿でレースがないとね。
今年はスパも復活したし楽しみなコースが復活してくれて嬉しい。

願わくは2009年の鈴鹿までSuperAguriがレースに踏みとどまっていて欲しいもの。
せっかく鈴鹿でレースがあるのにホンダとトヨタだけでは寂しいではないか。
日本が誇るプライベーターが居てこその日本GPであると勝手に思っている。

琢磨選手がその時まで走っているかは疑問ではあるけれど、何とか有望な日本人の若手を使って頑張っていてほしい。
中島ジュニアはどうやらトヨタから?
おやじさんは生粋のホンダレーサーだった、息子はトヨタか。
2世ドライバーが日本からも出るような時代になったのだな、と古いファンは感慨深いものが。
ラルフが今年限りという様相が濃くなってきて、いよいよジュニアも来年からかも。
楽しみがこれで増えてきた。

SuperAguriの資金難の噂が流れている、日本の企業がもっともっと援助できないものだろうか。
きちんとした資金が確保されたらもう少し開発も進んで中段くらいのポジションをキープできるとも思うのだけど。
それと来年のシャシーがどうなるのかも気になる。
ホンダのシャシーとエンジン、ギアボックスとなるのだろうか。
今年のような車をまさかホンダは作らないとは思うけど、元気のなさを引きずらないように願いたい。
posted by Doglover Fat at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。