2008年04月11日

デザイン

今年のF1も3レースが終わってやはりと言うかフェラーリが速さを見せつけている。
ハミルトンは何を勘違いしているのか同ラップの相手に抜かせろとばかり怒りを見せていて、どうも精神的に不安定みたいだ。
中島ジュニアもどうも予選が冴えないし、アグリに至っては身売りが上手く行かず資金難は目を覆いたくなる。

アロンソも奮闘しているけれどあのマシンと予算では本当に可哀想だ。

で、何が一番目に付くかと言えば。
マシンデザインの醜さだ。
様々な空力ディバイスが多すぎて醜いマシンばかりではないか。
BMW然りルノーにホンダ、トヨタだって負けてはいない。
あんなに沢山のウイング類やバージボードを付けて、果たしてドラッグはどうなのか、効果の程はいかがなものか。

ノーズの上をまたぐウィングなんて冗談としか思えないが。
フェラーリも次のレースあたりから革新的なフロントウィングを登場させるとか噂が絶えない。
ファンとしては見ていても格好が良いマシンを見たいのだ。

効果があると思うからこそあの様な姿になっているのだろうけど、好きではないなあ。
それにセクシーでもないし。
早くてセクシーなマシン、出ないのかな。

来年からは大幅にマシンが変わるらしいのだが、果たしてデザインはどうなるのか。
期待して良いのだろうか?
posted by Doglover Fat at 02:14| Comment(1) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
思わず足跡がてらにコメントのこしときます。ブログの更新楽しみにしてますね!またカキコさせてもらいます( ̄m ̄〃)
Posted by 沙希 at 2008年04月11日 18:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/92956809
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。