2007年11月12日

疲れ

昨日までの雨も止み気持ちの良い午後になった。
遅い昼ご飯を食べながら外を見れば雨に洗われた木々の葉が明るい光りに映えて美しい。
週の始め、張り切って仕事に臨みたいのだが昨日まで仕事が続いてい疲れが重く身体に乗ったまま。
どうにもならない苛立ちもあって気持ちの乗らない一日だ。

定期的に休みが取れる仕事では無い事はとっくに理解しているはずなのに、こうヘビィな仕事が続くとさすがに気が滅入る。
しかもここ何日かは一日で二日分、いや三日分くらいの仕事量。
若い社員もへたばっている位だから私のような年寄りには堪えるのだ。

次の休みは土曜日の予定、でもそれまで身体と心が持ちこたえてくれるのか。
しんどい日々はまだまだ続くし年末年始まできっちりと働かないといけないのだ。
果たして来年は無事に迎えられるのだろうか。

疲れた月曜日、今日も仕事は夜遅くまで。
おじさんは辛いな。
posted by Doglover Fat at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月10日

何気なく

先日ほんのついでにHMVを覗いていた。
嫁さんと買い物に行ったショッピングモールにHMVも入っていて何気なく見ていたのだった。
初めて行ったそのモールのHMVは他の店に比べれば規模も小さいのだけれどゆったりとした作りでCDやDVDはとても探しやすかった。

今日は何か拾い物でも無いものかと見ていると「Karl Jenkins」の「Requiem」というCDが目に留まった。
「Karl Jenkins」と言えば「アディエマス」の仕掛人として有名、そのずっと前はプログレッシヴ・ロックの名バンド「ソフト・マシーン」の中心人物として有名だった。
今年に入ってから「アディエマス」のアルバムを何枚かダウンロードして楽しんでいたので何となく買ってみたのだった。
しかし「Requiem」である、死者のためのミサ曲なのである。
しかも帯には「日本の俳句にインスパイアされて」とか書いてある。
いったい何でレクイエムなのか、それも彼がとも思いつつ聴いてみるとあまりの見事な音楽に圧倒されてしまった。

内容からいえばこれはまさにクラシック音楽そのもの、そして驚くことに通常のレクイエムの進行の中に挟まれて日本語の歌詞の曲が存在するのだ。
それも俳句をそのまま歌っている、これが恐ろしい程に美しい。
中には俳句とミサ典礼文とが繋がっている曲までもある。

「Enya」の「Amarantine」の中の1曲「Sumiregusa」も日本語の歌詞、こちらも俳句にインスパイアされた曲でこれもまた美しい。
しかし注意して聞かないと日本語と気づかない「Sumiregusa」と違ってこちらの日本語はすぐにアっと気づく見事な日本語なのだ。


今まで書かなかったけれど私はクラシックも好きだ。
ただクラシックの場合、曲と演奏者との微妙な関係性から曲が好きだけど演奏が。
またその逆の場合も存在してなかなかこれといったCDに出会うことは少ない。
でもこのレクイエムは作曲者自身の演奏、作曲と演奏の見事なバランスで聴くものを魅了する。
いやまったく見事な「拾い物」であった。
これだからCDショップ通いは止められない。


posted by Doglover Fat at 02:51| Comment(0) | TrackBack(1) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月01日

帰ってきた

ブログという物を始めたのが2年と少し前。
その頃いつも訪れていたブログがあって、その作者の女性の生き様にすっかり魅了されていたのだった。
ところが様々な要因が重なって彼女は仕事を変え、そしてブログもほとんど閉鎖状態になってしまった。
ただ一つ、引っ越しますとの記事だけがそこに残されていたのだが、ブログの引っ越し先も解らずただその一つの記事だけがぽつんとあったのだ。

ほんの時折、思い出してそのブログを見るのだがやはりそこにあるのは「引っ越します」という記事だけ。
その状態が2年近く続いていたのだった。

ところがさっき思い出し、そのブログへ行ってみれば以前のような華やかさは無いものの再び更新が始まっていたのだ。
色々とあったその間の生活や細々とした出来事については書かれてはいない。
でも今現在の彼女の思いが本当に素直に書かれていて、読んでいて心が落ち着いていくのを感じていた。
お帰りなさい、とコメントでも書こうかとも思ったのだが。
以前からただ読むだけだったからそれも変だなと思いコメントはとどまった。

自身の体の事もさらりと書かれていて、彼女はとっても体が弱かったのだ。
そして家庭にも様々な問題を抱えていて、読んでいていたたまれなくなる程の切迫感が溢れていたブログだった。
それが今は落ち着いて、淡々と自分の心を自然に書いている。

あんなスタンスで私もブログを書きたいと、心底思い始めた。
このブログも更新が途絶えながら、細々と続いている状態。
もともとは裏ブログとして始めたのだけれど、裏ではなく自分の本当の思うところを何のてらいも無く書けたらどんなに素晴らしいだろう。
posted by Doglover Fat at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月08日

復活

だいぶ先の話になるけれど、2009年からF1日本GPが鈴鹿とFujiでの隔年開催になるそうだ。
FujiでのF1も楽しみではあるけれど、やはり鈴鹿でレースがないとね。
今年はスパも復活したし楽しみなコースが復活してくれて嬉しい。

願わくは2009年の鈴鹿までSuperAguriがレースに踏みとどまっていて欲しいもの。
せっかく鈴鹿でレースがあるのにホンダとトヨタだけでは寂しいではないか。
日本が誇るプライベーターが居てこその日本GPであると勝手に思っている。

琢磨選手がその時まで走っているかは疑問ではあるけれど、何とか有望な日本人の若手を使って頑張っていてほしい。
中島ジュニアはどうやらトヨタから?
おやじさんは生粋のホンダレーサーだった、息子はトヨタか。
2世ドライバーが日本からも出るような時代になったのだな、と古いファンは感慨深いものが。
ラルフが今年限りという様相が濃くなってきて、いよいよジュニアも来年からかも。
楽しみがこれで増えてきた。

SuperAguriの資金難の噂が流れている、日本の企業がもっともっと援助できないものだろうか。
きちんとした資金が確保されたらもう少し開発も進んで中段くらいのポジションをキープできるとも思うのだけど。
それと来年のシャシーがどうなるのかも気になる。
ホンダのシャシーとエンジン、ギアボックスとなるのだろうか。
今年のような車をまさかホンダは作らないとは思うけど、元気のなさを引きずらないように願いたい。
posted by Doglover Fat at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月21日

回答

行方不明になった音楽ファイルについてAppleのサポートセンターに問い合わせのメールを出して、この週末何回かメールのやり取りをしたのだった。

どうやらこちらのパソコンやアプリケーションの不具合ではなく、元のファイルの欠陥ではないかという方向になった。
ただいま調査中ではあるという事だったが、ファイルの欠陥という可能性に対してアクションを起こしてくれたのは嬉しかった。
ここはしばらく結論を待つしかないのだろう。

問題のファイルは2回ダウンロードしてしまったのだが、その2回ともに行方不明となっていたのだった。
料金もしっかり2回分取られたのだが、今回の事で2曲分のフリークーポンを発行してくれる事になった。
ただし問題のファイルの調査が完了し、ダウンロード出来るようになるまでは3週間かかるそうだ。
その位は待っても良いと思って気長に構えることとした。

さて問題の「Anuna」の「Invocation」というアルバム、これが聞いてみると本当に素晴らしいのだ。
無事にダウンロード出来た13曲の出来がどれもこれも凄い。
アイルランドのトラディショナルなナンバーがほとんどなのだがコーラスの透明感とハーモニーの美しさには驚かされた。

いつものカフェでiPodからこれを聞ききながら、文庫本を読んでしばしの涼をとっていると気分はもうアイルランドの草原なのだ。
何だかとっても良い音楽に巡り会えて嬉しくなってしまった。
しばらくこれがヘヴィ・ローテかもしれない。
posted by Doglover Fat at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月19日

こんな事も

CDをアマゾンで買ったりiTunesからダウンロードしたりと便利な世の中になっている。
今まではトラブルも無かったので安心しきっていた。

夕べも「Anuna」のアルバムをiTunesで見つけて何のためらいも無く購入したのだった。
ダウンロードも終わりライブラリーで確認した所、中の2曲に「!」マークが付いているのだ。
あれっと思いクリックすると「ファイルが見つかりません」と言うではないか。
itsの購入履歴を見ればちゃんと購入済み、しかもきちんとダウンロードされたとなっている。
あわててファイルの在処を探したがハードディスクのどこにも見つからないのだ。

Appleのサポートサイトを参考に調べたけれど結果は同じ。
仕方なくサポートセンター宛に問い合わせのメールを送ってみた。
ちょうど週末に掛かってしまったので返事は来週という事になりそうだ。
今までこんな事はなかったのでいささか心配ではあるけれど、ここは結果を待つことにしようと思っている。

でもお金を払っているわけだから、きちんとした対応をしてほしいもの。
もともとのファイルが壊れていたのだろうか。
おかしな話だ。
posted by Doglover Fat at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月18日

夏の思い出?

まだ夏が終わった訳ではないけれど。
先日仕事にかこつけて、ある温泉に一泊した。
山間の温泉地で環境は抜群、温泉のお湯もすばらしく満喫したと言いたいところだったのだが。

旅行のポータルサイトで人気ナンバーワンと紹介されていたのと、施設の写真も美しかったのでここに決めたのだ。
そして何より仕事が終わってからもチェックイン出来るプランがあったのだ、これは大きいポイント。
だから文句を言える訳でもないのだろうが、でもこれだけは言いたい。
建物がボロボロだったのだ!
部屋も食堂も風呂場も何もかもがボロボロ、おいおいあの写真はいったい何処を何時ごろ撮ったんだ?と叫びたくもなった。
部屋にも温泉が引いてあります、お部屋の風呂場でも温泉をお楽しみ下さい、なんてわざわざ書いてあったのに。
蛇口をいくらひねってもお湯なんて出てこなかった。

満足できるポイントと何じゃこりゃというポイントをを相殺してプラスマイナスゼロかも。
ちょっと珍しい宿だった。

この宿が何故人気ナンバーワンなのだろうと考えたのだが、帰ってきてからネットでこの宿を調べて訳が分かった。
家族で泊まると子供が一泊2000円だったのだ。
道理で朝食のバイキング会場が子供で埋まっていたわけだ。

今年の夏は前半が忙しすぎてこれが夏の思い出か。
ちょっと寂しいな。
posted by Doglover Fat at 02:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月17日

たまらん

ここも放置状態にしてしまった。
最後にここに書き込んでからというもの仕事が忙しすぎてどうにもならなかったのだ。
家と仕事場との往復だけの毎日、日々の様々な出来事もものすごい早さで横をすり抜けて心にまったく響かない。

その間に一つカテゴリーを非公開にした。
あのカテゴリーに関してはもうこれ以上書くことがないから。
事態に進展も後退もなく、変化がなくて全く同じことの繰り返しになるからだ。


さて今困っていることがひとつ。
皆さんもご承知のガソリンの価格。
うちの車はラテンな車なので飲むのもハイオクというグルメな車。
今家の近所では軒並みリッター155円という高値で安定。
仕事に行く途中のスタンドで一軒だけ150円前後で頑張っている店がある。
いつもはそこで給油をしようと毎日値段の表示を確かめつつの通勤。
ところが朝は安くても帰路になると値上がっていたりで油断ができない。
パッと見て安ければすかさず入らなければと痛感している。

仕事に向かうのに車を使うことが多いせいでこのガソリン代がばかにならないのだ。
だいたい月に4回から5回給油するのだが一回がだいたい6000~7000円か、この頃はもう少し掛かっている。
これだけの金額をガソリンに掛けるのもどんなものかと、自分でも思うのだけれど仕事関係の道具やら同行者を乗せていく事を考えると無下に車をやめる訳にもいかない。
商売道具が少なくて一人の時はなるべく電車でいく事に決めてはいるが、そんな場合も少なくて。

今日もガソリンの値段の仕組みなどをテレビで説明していたがご存知の通り半分は税金。
更に消費税もかかるのだからたまらん。
税金にも課税か、ひどい話だ。

今は夏休みで車も近場の買い物などに使っているだけ。
でもこの暑さでエアコンがフル稼働、燃費も悪い。
見る見るうちに燃料系の針は下がっていく。
早く秋にならないものか。
そして価格もさがらないものか。
心底それを願っている。
posted by Doglover Fat at 01:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月30日

早すぎる

昨日はZARDの坂井泉水さんの訃報が。
熱心なファンではなかったけれど余りの突然な死に驚いてしまった。
今も心が重く感じるのだ。
心のどこかでZARDの歌をいつも聞いていたようにも思える。

全盛期の頃はそれこそラジオを点けていれば必ず聞こえてきた彼女の歌声。
町を歩いていてもどこからか流れてきた、お店に入ってもBGMで。
それこそ日本中が彼女の歌声に包まれていた時期があったのだ。

そしてメディアに乗らないまま、ほとんど素顔を見せることもなく。
でもトップアーティストとして活動していたその不思議な魅力。
やっぱりファンだったのかもしれないな。

入院していたのは知っていた。
それも重度のガンだということも。
でもきっとそこから立ち直ると思っていた、そして新しい音楽を届けてくれるものと。

色々な憶測が飛び交っているようだけれど自殺ではないと信じたい。
病気で苦しんではいたようだけど、でも自殺は。

今は静かに彼女の冥福を祈りたいと思う。
posted by Doglover Fat at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月08日

背中

今朝起きたら背中が痛い。
左側の肩甲骨と背骨のあいだに強烈な痛みが走るのだ。

ゆうべはなかなか寝付けなくて寝返りをばたばたと繰り返していた。
何回か目も覚めたがその度にあまりに不自然な格好で寝ている自分に呆れていた。
おそらくとんでもない姿勢で寝てしまった結果なのだろうがここまでの痛みは初めてかもしれない。

何かを持とうと手を伸ばすだけで痛い。
仕事にも差し支える事態、ピンチだ。
明日あたり仕事が終わったら整体かマッサージに行こうかと思うが果たして予約出来るか心配。
明日の仕事の進み具合にもよるし、痛みの具合にも。

ゴールデンウイークは仕事で潰れてしまったけど少し無理をしたかな。
忙しいだけではなくて凄くストレスが溜まる仕事ばかり。
この歳になって五月病でもないだろうがしんどい毎日だ。

こうして携帯で文章を打っているだけでも痛くなる。
困ったものだ。
posted by Doglover Fat at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。